スポンサーリンク

米国市場S&P500は1970年以来、最悪の6ヶ月を記録

S&P500は年初来20.6%下落し過去50年で最悪の前半6ヶ月を終えています。

スポンサーリンク

S&P500は1970年以来の最悪の6ヶ月を記録

CNNによる株価、前半6ヶ月の過去との比較です。

3つの主要株価指数はすべて、月と四半期ともにマイナスで終わっています。
 
・S&P500は1970年以来の最悪の半年を記録
・ダウは1962年以来最大の前半の下げ幅
・ナスダックはこれまでで最大の下落率
・3つの主要株価指数は2四半期連続の下落
 
S&P500は年初来で総額8兆2000億ドルを失い、2008年以来最悪の6月、1970年以来最悪の四半期を迎え、11セクターすべてがマイナスになった。

 

S&P500の下半期はどうなる

歴史的には、S&P500の上半期と下半期のパフォーマンスにはほとんど相関がありません。
 
S&P Dow Jones Indicesのデータによると、S&P500は1970年の上半期に21%下落しましたが、下半期には27%上昇しています。
 
しかし、市場がこれほど大きく下落した場合、次の四半期はいつも素晴らしいとは限りません。
 
過去3回の年初の最悪期には、5%以上の下落がありました。そして、S&P500は第3四半期にそれぞれ6.8%、2.2%、2.1%下落しています。
 
1月3日のピークから現在の弱気相場まで、わずか161日しかかからなかった。これは、一般的な245日の平均期間よりはるかに早い。
下落が早いベアマーケットは、通常、遅い、巨大なベアほど下落は大きくはなく、恐ろしくもない。
 
過去、ピークから弱気相場になるまで245日未満の市場は、20%の下落を基準として、27%未満の損失を計上しました。
それ以上の時間をかけて下落した市場の損失は33%に達する。
 
米国株は、少なくとも長期的には、弱気相場入りした後も好調に推移するのが普通である。
弱気相場に入ってから1年後の株価は平均15%近く上昇し、中央値では23.8%とさらに良い上昇率を示している。
 
平均的な弱気相場では、損失をすべて取り戻すのに約19カ月かかるが、S&P500の下落率が25%以下の場合、回復には平均でわずか7カ月しかかからなかった。
最近の弱気相場はさらに速く、過去3回の弱気相場は損失を回復するのに4〜5ヶ月しかかかっていない。
 
1944年から今日までのCFRAの分析によると、大統領就任2年目の第2四半期と第3四半期のS&P500の平均リターンはマイナスだが、第4四半期までに回復し平均6.4%の上昇を記録している。
 
大統領の任期3年目は、S&P500の成長率が約16%上昇し、平均して最も良いパフォーマンスになります。
 

まとめ

CNNの過去と現在の株価の比較について、ご紹介しました。
今後どうなるか?と言えば、「わからない」ということになります。
しかし、ご紹介をしたCNNの記事は楽観的な記述が多いように感じました。
 
私は常に最悪のことを想定してしまうので、現時点では、まだまだ下がるのではないか。と思っています。
まぁ、暴落するのであれば高値から最悪50%ぐらいの下落は想定しておきましょう。
 
下落相場の時の資金管理は特に重要です。
2022年6月 資産配分 米国市場に黒雲がわいてきた
6月には、いよいよ黒い雲がチラホラと見えはじめ、嵐の気配が漂ってきました。
個人投資家 2年ぶりのペースで株式を売却 本格的な下落相場の始まりか
米国のETF市場で株式押し目買いの動きがついに消えました。
個人投資家 弱気相場で2020年以来の大規模売却が始まった
ブルームバーグは「個人投資家がついに弱気相場に屈し、約2年ぶりの速いペースで株式を手放している。」としています。
米国株はリセッションを十分に織り込んでいない 今後もう一段下がる
ブルームバーグの調査では、今後の株価は更に下がるとしています。

コメント