米国株はリセッションを十分に織り込んでいない 今後もう一段下がる

ブルームバーグの調査では、今後の株価は更に下がるとしています。

 

以下、S&P500の年末株価に関するブルームバーグ最新の調査内容です。

・December:昨年12月時点では5%上昇と予想。
・June:17日終値から22%の上昇と予想。株式は景気後退(リセッション)を十分に織り込んでなく、夏の間に一段と下がる。

出典:Bloomberg

 

これって今年のリターンはマイナスになるということです。予想は予想ですが、年末予想株価がどんどん下がってきています。

 

以下、過去の経済危機の下落幅と回復に要した日数です。

出典:Bloomberg

ドットコム/911 2000年~
最大下落率 -51% まで638日
回復まで1165日
リーマンショック 2007年~
最大下落率 -58% まで352日
回復まで1009日
コロナショック 2020年~
最大下落率 -35% まで23日
回復まで103日
高インフレ/金融引き締め 2022年~
現時点下落率 -22% まで111日
回復まで?日

 

リーマンショックではー58%の底まで1年、回復まで3年かかっています。

コロナショックは超短期で回復をした、いかに特殊な事例だったかが分かります。

先はまだまだ長そうです。

長期間の株価下落に備え、資金管理をしっかり行いつつ、淡々と買っていきましょうね。

 

S&P500直近高値から20%下落 弱気相場で個人投資家が意識すること
モーニングスターでS&P500の保有期間が長くなるほどプラスリターンに収束するという記事がありました。
初めての米国株暴落を乗り越える方法
世代に関係なく初めて暴落を経験している方は多くいると思いますので暴落を乗り越える方法についてご参考にしてください。
米国株 S&P500は18.5%下落 現状と過去を比較 今後の株価は
先週、ダウは9週間ぶりの反発となりました。過去の経済ショックと比較し現状を改めて確認してみます。

コメント