SBI証券 投資信託の入庫数が想定をはるかに超えている

SBI証券は楽天証券から移管される投資信託が急拡大していることを明らかにしました。祭りが続いています!

SBI証券、投信入庫が急拡大
SBI証券で、2022年に入って他の証券会社から移管される投資信託が急拡大している。2月、3月と2カ月連続で過去最高を更新、3月の実績は21年12月と比べ、件数は7倍の2150件、金額は5倍の141億円に急増した。多くは楽天証券からの移管で、ポイント付与戦略の縮小の発表をきっかけに解約した顧客の受け皿となり、「想定をは...

SBI証券に投信移管が増えている経緯

SBI証券へ投資信託の入庫数が増えているのは楽天証券のサービス改悪が続いているからです。

SBI証券は楽天証券の改悪を受け、今までキャンペーンでおこなっていた移管手数料のキャッシュバックを恒久化しています。

 

SBI証券 投資信託の入庫数が想定をはるかに超えている

SBI証券は投資信託の入庫数、金額ともに想定を超えているとしています。
 
SBI証券への投資信託の移管

・2,3月と2ヶ月連続で過去最高
・3月実績は2021年12月と比較し7倍の2150件、金額は5倍の141億円
・3月、楽天証券からの移管が1663件で77%を占める
・3月、楽天証券からの移管は2021年12月と比較し件数で19倍、金額は16倍
・移管銘柄はeMAXISシリーズや楽天・バンガード・ファンドシリーズが中心
・一人当たりの移管金額は100万円以下の割合が多く想定より高い
・2,3月の入庫金額は205憶円となり、キャッシュバックをしても採算は合う
・移管は手間がかかるので頻繁にすることは考えにくくコストをかけても効果が見込める
 

まとめ

楽天証券からSBI証券への投資信託の移管が想定を超える件数になっていることをご紹介しました。

SBI証券、したたかに顧客を取り込んでいます。

 

思っていたより多くの方が楽天証券からの移管を進めているようですね。

楽天証券が何年も購入額の1%をキャッシュバックして顧客を集めたことを考えると少しかわいそうにも思えますが、これが資本主義です。

 

SBI証券は以下のように話していますが、恒久的に現在のサービスを続けてもらいたいものです。

移管は手間がかかるので頻繁にすることは考えにくくコストをかけても効果が見込める

 

移管に興味がある方は記事にまとめているので、手続きをおこなってみてはいかがでしょうか。

SBI証券では米国株、米国ETFのキャッシュバックも恒久化しています。

 

 

楽天証券 投信残高のポイント改悪への対策
楽天証券は保有している投資信託へ付与していたポイントを改悪、実質廃止することを発表したので対策をしました。
楽天証券 クレカ積立ポイント 改悪への対策
楽天証券のクレカ積立のポイント付与率が1.0%から0.2%に大幅に改悪します。思っていたより早くこの時が来てしまいました。対策を考えてみました。
楽天証券からSBI証券へ投信の移管が完了
2月下旬に楽天証券にSBI証券への投資信託の移管を依頼していましたが、ようやく完了したと連絡がありました。
SBI証券 米国株の移管で手数料キャッシュバックと100ポイントプレゼント
SBI証券が投資信託に続く米国株の移管手数料キャッシュバックと100ポイントプレゼントのキャンペーンをしています。イケイケ・ドンドンお祭りだぁー!
楽天銀行 金利 改悪への対策
楽天銀行が昨年末に普通預金金利を下げることを発表し少しザワついていたようですね。楽天銀行をメイン銀行として利用しているので対策をしています。

コメント