長期投資で損をする 残念な投資家が失敗する3つの投資方法

米国の金融アドバイザーは長期的に損をしてしまう3つの投資方法について語っています。

残念な投資家が失敗する3つの投資方法

金融アドバイザー、投資家、ポッドキャストのホスト、作家であるスーズ・オーマン氏は立ち止まって財務戦略を把握する良い機会であると言い
投資家が犯す、長期的には損をする一般的な間違いについてアドバイスをしています。

1.保有資産の分散が十分でない

人々はキャッシー・ウッドが大好きで、それしか買わなかった。そして、一つのETFを買ったから、分散投資をしていると考えている。なんて愚かなんだ!

問題は、ウッドのようなファンドは様々な銘柄を保有しているものの、そのポートフォリオは特定のテーマを中心とし狭いことである。

このETFは2021年2月のピークから約56%下落している。

最近の市場の変動を考えると、さまざまな資産クラスを幅広くカバーするファンドに分散投資することがより重要になってきている。

特にこのような時期には、ポートフォリオに多様性を持たせることが必要だ。

そうでなければ、気がついたら80%も下がっていた、ということになりかねない。100から50になるのは50%の損失です。50から100に戻れば、100%の利益です。だから、ポートフォリオの多様性を馬鹿にしないでください。

 

2.不景気なときに投資をしない

自分のポートフォリオに赤い数字が並んでいたら、少しほとぼりが冷めるまで投資にブレーキをかけたくなったかもしれません。

しかし、退職まであと何十年もある若い投資家なら、下落する市場に尻込みするのは大きな間違いです。

投資信託の株が下がると、より多くの株を買うことができます。長い目で見れば、株数が多ければ多いほど、相場が再び上昇したときに、より多くのお金を手にすることができるのです。

 

3.退職年金制度Rothを活用していない

401kとIRAの退職貯蓄口座は従来型とRothの2種類がある。

従来型
・拠出したお金は、拠出した年の課税所得から差し引くことができる。
・退職後に引き出すお金には税金がかかる。
・59歳半より前に引き出すと、税金と10%のペナルティが課される。

Roth
・税金を払った資金で運用される。
・退職後には税金はかからない。
・59歳半で少なくとも5年間は口座を保有していれば、引き出すお金は非課税となる。
・年齢や口座開設期間に関係なく、拠出した金額まではいつでも税金やペナルティを支払わずに引き出すことができる。

もしあなたが蓄財の段階にあるのなら、Roth IRAを利用しないのは愚か者だ。

キャリアが浅ければ、それほど高い税率ではない可能性が高い。

今のうちに税金を払っておき、規則に従えば、自分や受益者のために非課税で蓄えることができます。

 

まとめ

米国金融アドバイザーの投資家の間違った投資方法についてご紹介しました。

3つ目の退職年金制度については日本とは異なるので、そのまま参考にすることはできませんが、他国の確定拠出年金制度は選択肢が多く、納得感があるものですね。

日本のiDeco、つみたてNISAも他国を見本により使い易く、利用者にメリットがある制度に改善してもらいたいものです。

 

話がそれましたが、今までもご紹介をしてきたように、まともな方々が語っている内容はどれも同じような内容になってきます。
同じ内容ということは、その内容こそ核心であり私達が行動すべきことなのです。

・十分な分散投資をしてリスクをおさえる
・下落相場で投資をやめず、継続的に購入する
・国が税制優遇している制度(iDeco/つみたてNISAなど)を活用する
 
iDeco,つみたてNISAなどを活用した分散投資で、下落相場でも淡々と買っていきましょうね。
まだまだまーだ、下がるかもよ。^^
 
米国株はリセッションを十分に織り込んでいない 今後もう一段下がる
ブルームバーグの調査では、今後の株価は更に下がるとしています。
S&P500直近高値から20%下落 弱気相場で個人投資家が意識すること
モーニングスターでS&P500の保有期間が長くなるほどプラスリターンに収束するという記事がありました。
インデックス投資の最適解 全世界株を買って「ほったらかす」だけ
経済評論家などがインデックス投資の最適解についてアドバイスをしてくれています。

コメント