インデックス投資の最適解 全世界株を買って「ほったらかす」だけ

経済評論家などがインデックス投資の最適解についてアドバイスをしてくれています。

マネーポストWEBさんの記事です。

インデックス投信を使った世界分散投資 成功させるコツは「ほったらかし」 | マネーポストWEBマネーポストWEB
「人生100年時代」。老後が長くなり、お金の不安は高まるばかり。資産を増やすためには投資も必要となってくる。リスクを極力減らしつつ資産を増やせる“経済学的にもっとも正しい投資方法”といわれるのが、「イ...

インデックス投資とは

山崎元さんのインデックス投資についての説明です。

投資信託とは、運用会社が投資家から集めたお金を複数の株式や債券などに分散して投資する仕組み。

もしも1社の株価が暴落しても、ほかの会社の株が補うので、個別株に投資するよりもリスクが低い。

「インデックス」とは、TOPIX(東証株価指数)やMSCI世界株価指数といった代表的な株価指数のこと。

インデックス投資信託とは、こうした株価指数に連動することを目指して運用する「インデックス・ファンド」に投資するやり方だ。

 

インデックス投資の最適解

山崎元さんはインデックス投資の最適解について以下のように語っています。

どうなるかわからないからこそ、全世界に分散投資しておくことが大切。

インデックス投信は、調子のいい国や業種の株の比率が自動的に増えるように調整されます。

 中長期的には、アメリカを中心とする国々と、ロシアをはじめ中国に近い国との経済的分断が進む可能性があります。

これは円安とあいまって、日本の産業にとってはチャンスかもしれません。

個人では、日本株を含む全世界型のインデックス・ファンドに投資しておくといいでしょう。

売り買いをせずに「ほったらかしておくこと」が大切

正しく投資する限り、元本がゼロになるようなことは、現実的にはほぼありません。

お金が必要になったら、自分の買値にこだわらず、必要な額を部分的に解約して使ってください。

お金は、使うためにあります。計画的な貯蓄と取り崩し、分散された低コストな長期投資ができれば、インフレにも円安にも、老後の生活にも役立つはずです。

 

投資すべき商品名

投資すべき具体的な商品名です。

出典:マネーポストWEB

米国株全体への投資であれば、楽天・全米株式以外に

SBI・V・全米株式インデックス・ファンド 信託報酬 0.0938%

も対象に入ってきます。

 

米国の選別した大型株500社への投資であれば以下の2商品になります。

eMaxis Slim 米国株式(S&P500)信託報酬 0.0968%
SBI・V・S&P500インデックス・ファンド 信託報酬 0.0938%
 

まとめ

インデックス投資の最適解についてご紹介しました。

結論として、

投資信託で全世界株に投資をして、ほったらかしておけ。

ということです。

この内容に異論はありません。インデックス投資のみではなく投資の最適解の1つだと思います。

定期的に買い続け売ることはせず、ひたすら持ち続けるのです。そして、本当にお金が必要になった時にだけ換金をするということです。

 

投資初心者が初めから最適解の投資をすぐに始められる良い時代になりました。

まだ、投資を始められていない方はすぐにでも投資をして資産を増やしていきましょうね。

 

【簡単】米国株の買い方 始め方
米国株に投資をして資産を増やしたいけど、 どのようにして始めて買えばよいのか分からない。 このような疑問にお答えします。
資産を最速で増やしお金持ちになる
世の中には「資産を最速で増やす方法」のような題名の本や情報が溢れています。ここ数年話題の仮想通貨などで一瞬で億単位の資産を築いた方がいることは確かです。
資産を増やしたいならお金と真剣に向き合い行動しよう
お金について話をすると気まずい雰囲気になりませんか?これは外に限らず、我が家は家庭内でも同じです。これは何故なのでしょうか?

コメント