スポンサーリンク

個人投資家に積み立て/インデックス投資が普及 82%が元本が増えた

個人投資家への調査で「積み立て投資」が普及していることがデータから明らかになりました。

日経新聞です。

6割が積み立て投資を実施 調査で判明、運用成績も向上
「日経マネー」が毎年実施している「個人投資家調査」(2022年は4月15日~5月8日にオンラインで実施、1万3572人が回答)。今年の調査では、回答者の6割が「積み立て投資をしている」と回答し、積み立て投資が普及している様子が見て取れる。その詳細を分析した。定期的に同じ商品を購入する積み立て投資。投資時期を分散するので...
スポンサーリンク

個人投資家の6割が積み立て投資をしている

「日経マネー」が実施した「個人投資家調査」
期間:2022年4月15日~5月8日
調査方法:オンライン
対象:個人投資家 1万3572人
1.毎月、リスク資産への積み立て投資はしているか

出典:日経新聞

2.投資元本はどのようになったか。(投資歴3年以上の75732人)

出典:日経新聞

3.つみたてNISAを利用しているか(積み立て投資をしている人)

出典:日経新聞

4.収入にしめる積み立て額の割合は

出典:日経新聞

まとめ

「日経マネー」がおこなった個人投資家への調査内容についてご紹介をしました。

積み立て投資をしている=インデックス投資をしている、可能性が高いです。

投資をされている人の中では、積み立て投資/インデックス投資は常識になっている。と言ってもよいでしょう。

 

20年以上も前であればNISA、iDeCoなどの非課税制度や投資情報もなく、「まずは日本の個別株から」と始めて大損をしてしまう。なんてパターンも多かったと思いますが、

初めから非課税口座を使ってインデックス投資ができるのであれば、投資をしない理由はないですね。

 

「82%が元本が増えた」については、たまたま時期がよかっただけです。積み立て、インデックス投資が必ず儲かるものだと思ったら大間違いです。

切り取る時期が違えば、「82%が元本が減った」という結果も当然あり得ます。

投資は必ず儲かるものではありません。

 

毎月、投資にあてている積み立て額は6割程度の方が収入の1割未満とのことでした。

手取り25万円の方の1割は2万5000円で少ないように思いますが、

リターン5%、30年の積み立てでは、2000万円を超えてきます。

リターン5%、40年の積み立てでは、3800万円です。

投資に絶対はありませんが、希望が持てますね。

 

しかし、「続けること」は思っている以上に難しいことです。強い意志を持って続けたいですね。

 

長期で投資をするからリスクが下がる。ということはありませんがプラスリターンに収束していくことが研究から明らかになっています。

インデックス投資をするなら「敗者のゲーム 」は必読の名著
インデックス投資家なら必読の名著、「敗者のゲーム」の改訂版が出たので数年ぶりに読みました。

 

資産を増やす為には地味な事をコツコツと続けていくことが、近道ということなのです。

 

 

 

インデックス投資の最適解 全世界株を買って「ほったらかす」だけ
経済評論家などがインデックス投資の最適解についてアドバイスをしてくれています。
S&P500に過去20年の積立投資で資産は4倍以上に
eMAXIS Slimシリーズに過去20年間、積立投資をしてい”たら”どのぐらいの資産額になっていたかというシュミレーションがありました。
インデックス投資の伝道師が語る「波乱相場の生き残り方」
日経新聞、日経マネー編集部が「敗者のゲーム」の著者、チャールズ・エリス氏にオンラインインタビューをおこなっています。非常に有益な内容となっているので、ぜひ見ることをおすすめします。

コメント