スポンサーリンク

資産運用「 つみたてNISA」と「iDeCo」はどちらから始めればいい

「つみたてNISAとiDeCoはどちらから始めればいい?」という、あるあるな質問に回答した記事がありましたので、考察してみます。

スポンサーリンク

つみたてNISAとiDeCoはどちらから始めればいい

PRESIDENT Onlineさんの記事です。

税金面ならiDeCoが断然お得だが…経済ジャーナリストが「まずはNISAから始めるべき」と言い切る理由 「貯めている人」が必ずやっている賢いお金の増やし方
資産運用はどこから始めればいいのか。経済ジャーナリストの酒井富士子さんは「まずは税制優遇のある『つみたてNISA』と『iDeCo』の活用を考えてほしい。両方同時に始めるのが難しいという場合は、つみたてNISAから始めるのがいいだろう」という――。

 

記事の結論としては、

「つみたてNISA」と「iDeCo」の両方はじめてほしいが、
どちらか選ぶなら「つみたてNISA」

です。

 

制度の比較

つみたてNISAとiDecoの制度上の比較です。
※つみたてNISAの最長投資期間の記述、「投資を開始できるのは2042年まで」が意味不明
「投資ができるのは2042年まで」の誤りでは?

出典:PRESIDENT Online

 

税金の比較

つみたてNISAとiDecoの税金の比較です。

つみたてNISAの「×」はあくまでも税制優遇で税金がかかるという意味ではありません

iDecoについては積立、運用時の税制優遇は「〇」でいいのですが、受取時の税制優遇は「〇」とは言えず「×」に近いです。

出典:PRESIDENT Online

手数料の比較

つみたてNISAとiDecoの手数料の比較です。
iDecoにはお国らしい?割高な手数料が加入時、購入毎、受取毎に毎回取られます。

出典:PRESIDENT Online

 

まとめ

「つみたてNISAとiDeCoはどちらから始めればいい?」についてご紹介をしました。

結論として、

「つみたてNISA」からはじめる

になります。記事の結論と同じです。

 

そもそも自分の為にするNISA制度には大きくは「一般NISA」と「つみたてNISA」の2種類がありますが、多くの一般の方は「つみたてNISA」を選択すればよいです。

一般NISAの詳細についてこの記事では触れませんが、国は国民が使い易くシンプルな仕組みにするどころか、2024年から一般NISAをより複雑な仕組みにしようとしています。

ホントわけが分かりません。

国にしてほしいのは、「利用者目線のシンプルで課税がされない資産が築ける仕組み」の構築です。

 

iDeCoについても記事の説明のようにシンプルではなく問題が多い制度です。

まず、ノーロード全盛の世の中で購入毎に手数料が取られるってどんな悪徳証券会社だと。。
お金がかかるのであれば、もう少し努力をして手数料を引き下げてほしいですね。

そして一番問題なのが、受取時の課税方法です。よく理解をして受け取らないとせっかく長年苦労して積み立ててきた自分のお金に多くの税金が課税されてしまいます。

本来、年金であるはずのiDeCoの制度ですが、仕組みが非常に複雑で75歳以上になっても自分で積み立てたはずの年金が実質使えないケースがあります。

自分で積み立てた年金が高齢になった時に利用できないのです。

 

iDecoは制度の狙いはよいのですが、大事なところに問題が多いです。

よって「iDeCo」ではなく「つみたてNISA」から始めることをおすすめします。

 

iDeCoの制度上の問題点です。

iDecoの加入年齢 65歳以上への引き上げは誰も得をしない理由
政府は個人型確定拠出年金 iDeCoの加入年齢を65歳以上に引き上げることを検討しています。

iDeCoで一番難しい受け取り方についてです。

【事例で解説】FIRE 退職金/iDecoの税金とお得な受け取り方
難解な退職金、iDecoにかかる税金の計算方法と受け取り方法について分かりやすく解説します。 事前に知っておくことで税金をおさえることができます。

iDeCoでやっかいな手数料を削減する方法です。

iDeco 掛金の変更でリターンを増やす
iDecoは以前は年12回、毎月の引き落としが必須でしたが、2018年からは毎月の掛金を自由に設定することができるようになっています。

iDeCoが向いている人、向かない人とは。

iDecoは損をするからしない方がいい
ある会社の担当者にiDecoをしたいということを伝えたところ、 「損をするから考え直した方がいい」 と言われたという話を聞きました。

コメント