バフェット 不安定なマーケットは好機をもたらした 株主総会で

バフェット氏の投資会社、バークシャー・ハザウェイは4月30日に対面での年次総会を3年ぶりに開催しています。

バフェット氏「異常な値動きは好機」、3年ぶり株主集う(写真=ロイター)
【オマハ(ネブラスカ州)=宮本岳則】著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイは4月30日、年次株主総会を開いた。対面での開催は2019年以来、3年ぶりとなった。年初からの不安定な相場について「市場はたまにおかしなことをするが、おかげでバークシャーにもチャンスが巡ってくる」と述べたほか、...

 

不安定なマーケットはバークシャーに好機をもたらす

バフェット氏は年初からの不安定な市場について以下のような発言をしています。

「市場はたまにおかしなことをするが、おかげでバークシャーにもチャンスが巡ってくる」と述べたほか、米国外への投資にも意欲を示した。

投機熱が市場の不安定な動きを招いていると指摘。

ウォール街が投資家が金融派生商品の一種「オプション」を使った取引を促した結果、株価の方向に賭けるような売買が増えたとみている。

「賭け事」の対象になった米企業は「ポーカーチップになった」と話した。

 

バフェット 今年の投資行動

バフェット氏が率いるバークシャーの今年の投資行動です。

3月 オキシデンタル・ペトロリアム(エネルギー)
   シェブロン(石油)
4月 アレゲニー(保険)
   HP(パソコン)

バークシャーの手元資金は3月末で1060億ドルとなり、21年末から400億ドル減っています。自社株買いのペースは減速。

 

バフェットは以下のような発言もしています。

コロナショックで株価が急落した際、投資機会を逃がしたことに対し「私たちはタイミングを計るのが苦手」

「投資したお金に見合っただけのリターンを得る時期を見極めるのは、それなりに得意だった」

米国外への投資に意欲を示し、日本の総合商社株への投資を事例に挙げた一方で「良いアイデアをみつけるのに非常に苦労している」

「(事業売却のオファーが)自分の膝に上に落ちてくることを好む」

 

バークシャーの株価はナスダックに並ぶ

バークシャーはアップルなどで評価損を計上した一方、鉄道事業やエネルギー事業などが業績を伸ばしています。

バークシャーの株価は昨年までナスダックと比較すると大きくアンダーパフォームしていましたが今年に入り、

ナスダックに並ぶとともにダウをアウトパフォームしています。

出典:日経新聞

 

まとめ

バフェットの発言と今年の投資行動などについてご紹介しました。

今年に入り、株価が軟調になったタイミングで次々と巨額投資に動いていますね。

株価が下落している時に強い、バフェット(バークシャー)は91歳という年齢に反し相変わらず存在感があります。

 

まだ、株価は下落を始めたばかりですが、バフェットの行動と発言をみると今、私達が何をすべきなのかが分かります。

偉人の発言に声を傾け、株価に一喜一憂することなくコツコツと投資をしていきましょう。

 

米国株が暴落した時にするべき たった1つのこと
米国の株式市場は2022年に入り早々に調整局面をむかえ、胃が痛くなっている人もいるのではないでしょうか?
あなたは株式市場の暴落で株を売ってしまったことはありますか
あなたは株式市場が暴落した時に株を売ってしまったことはありますか?暴落時にはパニックになり株を売ってはいけません。
インデックス投資の伝道師が語る「波乱相場の生き残り方」
日経新聞、日経マネー編集部が「敗者のゲーム」の著者、チャールズ・エリス氏にオンラインインタビューをおこなっています。非常に有益な内容となっているので、ぜひ見ることをおすすめします。
コロナショックで株が大暴落! 売る買う?対応方法は?
新型コロナウイルスが米国で広がり始めたことを受けて当初は楽観的だった米国市場が自分事として捉えられるようになり高値から30%以上暴落をしています。この局面ではどのように対応をすればよいのでしょうか。
FRBの政策失敗により米国株が暴落する
ジェレミー・シーゲル氏は今後の米国市場について「調整が起きる可能性がある」と警告しています。

コメント