SBI証券と楽天証券に「ニッセイNASDAQ100インデックスファンド」が登場

ニッセイアセットマネジメント株式会社は、「<購入・換金手数料なし>ニッセイNASDAQ100インデックスファンド」を3月31日に新規設定をしました。

NASDAQ100に最安水準で投資が可能

情報はこちら。

ファンド名:
<購入・換金手数料なし>ニッセイNASDAQ100インデックスファンド

ベンチマーク:

NASDAQ100

販売会社:
株式会社SBI証券
楽天証券株式会社
株式会社SBI新生銀行

買付手数料:
なし

信託報酬:
0.2035%(税込)/年

信託財産留保額:
なし

設定日:
2023年3月31日

決算日:
9月20日

実際の運用コストは運用後の報告書を確認しないと分かりませんが、販売されているNASDAQ100に連動(米国ETFのQQQと同じ)する投資信託の中では最安の信託報酬 0.2035%となります。

まとめ

ニッセイ アセットマネジメント株式会社が新規設定をした「<購入・換金手数料なし>ニッセイNASDAQ100インデックスファンド」についてご紹介をしました。

NASDAQ100に連動する投資信託は今までもありましたが、本家のQQQと比較するとコストが高いのがネックでした。

しかし、信託報酬だけで言えばQQQの0.2%と大きな差がなくなりました。

NASDAQ100に低コストな投資信託の積み立てでほったらかし投資をしたい方に需要がありそうです。

 

NASDAQ100に連動する投資信託の信託報酬(税込)の比較はこうなりました。

■NASDAQ100 投資信託
ニッセイNASDAQ100インデックスファンド 0.2035%
PayPay投信 NASDAQ100インデックス 0.418%
NZAM・ベータ NASDAQ100 0.44%
eMAXIS NASDAQ100インデックス 0.44%
NASDAQ100に連動するETFのの信託報酬(税込)の比較です。
以下の商品は二重課税調整制度の対象商品なので確定申告で外国税額控除をするのが面倒な方は国内ETFを使うという選択もありです。
■NASDAQ100 ETF
1545 NEXT FUNDS NASDAQ-100(為替ヘッジなし) 0.22%
2631 MAXISナスダック100 0.22%
2840 iFree ETF NASDAQ100(為替ヘッジなし) 0.22%
2568 上場インデックスファンド米国株式(NASDAQ100)為替ヘッジなし 0.275%

ニッセイアセットマネジメントは他社があまり力を入れていないNASDAQ100インデックスの商品に参入してきました。他社の追随はあるのでしょうか?

ニッセイさん、「ニッセイ外国株式」などの商品に関しても他社に対抗しての信託報酬引き下げをお願いしますよ。

「eMAXIS Slim」たわらノーロードに対抗し信託報酬率を引き下げ
三菱UFJ国際投信株式会社は、「eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)」の信託報酬率を引き下げることを発表しました。

 

本音ではQQQはバンガードの情報技術ETF(VGT)の信託報酬0.1%と比較すると明らかにコストが高いので下げてもらいたいです。

しかし、ここまでシェアをとってしまうと下げる気配は全くなさそうですね。。

 

私はQQQを保有していますが、ナスダックを定期積み立てする予定はないので、現時点でこの商品を使う予定はありません。

暴落時にQQQの一撃購入でいきたいと考えています。^^

 

株式投資で一番リターンが高い おすすめのインデックス 外国株、日本株、全世界株などで比較
さまざまな株式投資の方法の中でインデックス投資をすると決めても米国株、日本株、先進国株、新興国株、全世界株など多くのインデックスがあります。ニッセイ基礎研究所のデータからどのインデックスが合理的なのかを確認します。
米国株への投資はETFと投資信託、結局どっちがいいの?
米国株を含めた海外株へ投資するには大きく分けてETF(上場投資信託)と投資信託の2つのいずれかを使う必要がありますが、結局どちらがいいのでしょうか?
投資信託で全世界株が最強とも言われる理由 米国株との比較とおすすめの商品
多くのインデックス型の投資信託の中でも最強とも評される1つに全世界株があります。その理由と米国株との比較とおすすめの商品についてご紹介をします。
資金流入が続く人気の投資信託ランキング eMAXIS Slimシリーズ が強い
資金流入が続く人気の投資信託のランキングをご紹介します。株式市場の状態があまり良くない現状ですので堅実に投資を続けている人が選んだ投資信託である可能性があります。

 

コメント