【追記】eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)信託報酬を引き下げ

三菱UFJ国際投信株式会社はeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の信託報酬率の引き下げを行うことを発表しています。

信託報酬を他ファンドと同レベルに引き下げ

三菱UFJ国際投信株式会社はeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の信託報酬率の引き下げについて3月15日に発表しています。

業界最低水準の運用コストをめざす『eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)』信託報酬率の引き下げを実施

この度、三菱UFJ国際投信株式会社(取締役社長 横川 直)は 『eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)』の以下ファンドについて信託報酬率の引き下げを実施することをお知らせいたします。
以下の引き下げは他社類似ファンドの情報を元に決定されたものです。今後も引き続き、他社類似ファンドの運用コスト(注)に注意を払い、業界最低水準の運用コストをめざします※(信託報酬率の引き下げを決定した際には速やかに当社 HP 等でご報告致します)。

引き下げ後の信託報酬率は以下の内容となります。

ファンド名:
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

信託報酬率:
変更前 0.0968%(税込)/年
変更後 0.09372%(税込)/年

引き下げ開始日:
2023年4月25日から

引き下げは他社類似ファンドの情報を元に決定されたものです」にある類似ファンドとは、アセットマネジメントOne株式会社が2023年3月30日に新たに設定をする「たわらノーロード S&P500」のことのようです。
詳細についてはこちら
SBI証券とマネックス証券に「たわらノーロード S&P500」が登場
SBI証券とマネックス証券にS&P500に連動する手数料が業界最安の「たわらノーロード S&P500」が3月30日の予定で設定されます。
 
他ファンドとの信託報酬の比較です。かなり刻んできます、、
・eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 0.09372%
・たわらノーロード S&P500 0.09372%
・SBI・V・S&P500インデックス・ファンド 0.0938%
・iシェアーズ 米国株式(S&P500)インデックス・ファンド 0.0938%
情報元はこちら
ただいまご利用いただくことができません | 投資信託なら三菱UFJ国際投信

まとめ

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の信託報酬率の引き下げについてご紹介をしました。
保有ファンドの信託報酬を引き下げてくれるのは素直にうれしいです。
 
eMAXIS Slimは当初は大々的に「業界最低水準のコストをめざす」としていました。この方針は今回発表した資料にも記述され今も変わっていないはずですが?
他社の引き下げに対して反応がないので先日「最近、S&P500連動商品は競争がないのでこちらもがんばってほしいものです。eMAXIS Slimは追従さえしていません。」と記述していたところでした。
PayPay証券に最安の全米国株式の投信「PayPay投資信託インデックス アメリカ株式」が登場
PayPay証券に米国全ての株式に投資をする手数料が業界最安のPayPay VTI(PayPay投資信託インデックス アメリカ株式)が3月22日の予定で設定されます。
発表をした資料には文字は非常に小さいですが、下線書きでこのような記述があります。見てほしいのか、見てほしくないのか。。(^^;

※業界最低水準の運用コストを目指す一環として、公正な比較の対象となる他社類似ファンドに係る信託報酬率が当社ファンドを下回る場合、ファンドの継続性に
配慮した範囲で信託報酬率を引き下げることを基本とします。ただし、信託報酬率が業界最低水準となることを、保証等するものではありませんのでご留意くださ
い。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)をはじめとするeMAXIS Slimは「業界最低水準のコストをめざす」で投資家の人気を集め投資信託最大のファンドになったはずですが、

「信託報酬率が業界最低水準となることは保証しない」と煮え切らない記述をしているところは投資家を不安にさせますね。

eMAXISという商品がありながらコストを下げず、同じインデックスに投資する商品として新たにeMAXIS Slimという商品を作ったという黒歴史を投資家は忘れてはいません。

SBI・V・S&P500は設定日が2019年9月26日ですが、信託報酬は当初から0.0938%だったはず。3年以上経った今のタイミングは何だったのでしょうか?

実質コストで見ているのですかね?実質コストでパフォーマンスが上回ってきたので危機感を感じたのでしょうか。

※このタイミングは、2023年3月30日に設定される「たわらノーロード S&P500」に対抗したもののようです。SBI・V・S&P500は眼中になかったのですかね。

 

トータルリターンを比較すると過去1年以上ではeMAXIS Slim S&P500が上回っていますが、直近6ヶ月ではSBI・V・S&P500が僅かに上回っています。誤差の範囲ですが、、

■eMAXIS Slim S&P500とSBI・V・S&P500の現時点での比較(データはSBI証券より)

ファンド名eMAXIS Slim S&P500SBI・V・S&P500
純資産1,805,810百万円790,814百万円
信託報酬0.0968%0.0938%
設定日2018/07/032019/09/26
トータルリターン(6ヶ月)-1.05%-1.03%
トータルリターン(1年)8.65%8.62%
トータルリターン(3年)20.11%19.98%

ファンドが掲げたスローガン「業界最低水準のコストをめざす」等は守っていただいた上で、引き続き投資環境がより良くなるよう競争をしていただければと思います。

実質コストに反映される運用コストも競争いただきたい。

同じインデックスに投資をするファンドであれば、よりコストが安い商品を選択し投資効率を上げていきましょうね。

 

おすすめの投資信託ランキング Fund of the Year 2022
投資ブロガーが優れた投資信託を選ぶ「ファンド・オブ・ザ・イヤー2022」が発表されています。資産形成に必要な商品について解説します。
投資信託 今選ぶべき おすすめの銘柄はコレ!に疑問を持つ 守る力をつけよう
銀行や証券会社、保険の窓口、インターネットでは餌をまきつつ常にカモを待ち構えています。
FPの無料相談は使うな!勧められた保険や投資信託を買ってはいけない
FPの無料相談を絶対に使ってはいけない理由について実体験とともにお話しします。

 

コメント