スポンサーリンク

ジム・ロジャーズ 日本は今の状態が続くと円相場360円まで下がる

投資家のジム・ロジャーズ氏は日本は何も改革をしなければ円相場360円まで下がる可能性があると発言しています。

スポンサーリンク

今の状態が続くと円相場360円まで下がる

日経新聞です。

「円相場、このままなら360円も」 ジム・ロジャーズ氏
地政学リスクとインフレ、日本での安倍晋三元首相の銃撃事件など世界を巡る情勢の悪化は深刻さを増している。市場はどうなるのか、日本経済はどうなっていくのか。著名投資家ジム・ロジャーズ氏にシンガポールの自宅で聞いた。(聞き手はNQNシンガポール=秋山文人)悲観から楽観、そしてベア相場へ――世界経済、市場の現状をどうみますか。...

 

有名投資家のジム・ロジャーズ氏は世界、日本経済の今後について以下のように話しています。

世界経済について

世界が悲観であふれた後はいつも、楽観へと傾くことになる。そして大きなラリー(上昇)が起こる。ウクライナ問題が解決すれば、原油価格や小麦価格は下落する。

さらに中央銀行は『もう大丈夫、心配しなくてよい』といって市場にマネーを供給するようになる。市場は万歳、となるわけだ。

だがこのラリーは最後のラリーとなるだろう。各国・地域の政府はあまりにも多くの債務を抱えすぎた。

次にラリーが訪れたらその後は大きなバブルの崩壊を招き、そして大きなベア(弱気)相場がやってくるはずだ。

弱気相場で投資すべき資産

ベア相場では、たとえそれがブル(強気)相場の最終局面であっても、相場が上昇するものを持とうと考える。

中銀がマネーを供給している状況下ではコモディティー(商品)やコメ、小麦、銅、原油に投資すべきだ。これが自分の身を守る方法だ。

日本経済について

もし自分が日本の政治家だったら、支出をただちにやめて減税する。紙幣を印刷するのをやめる。貿易を自由化する。子育てを支援し、移民をもっと受け入れる。

開国は重要だ。経済を拡大できるだけでなく、新しい考え方を取り込むことができるようになる。

日本の債務は膨張している。中銀はマネーを供給している。人口減も続いている。360円まで下がることはあり得るだろう。

ただちに起こるわけではないが、このままの状況が続けばあり得る。

(日本が破綻するかは)
私が生きているうちにあるかどうかは分からない。ただ20世紀をみても、1920年代に栄華を誇った英国は50年後には国際通貨基金(IMF)の支援を要請するに至った。

ミャンマーは60~70年代にアジアの富裕国の1つだった(が、今は混乱に陥っている)。もし何も変化がなければ日本もこうしたことになりかねない。

 

まとめ

ジム・ロジャーズ氏が語った世界と日本経済の行方についてご紹介をしました。

今回はごく当たり前?のことを話しているように思えました。

・世界経済は今の弱気相場を乗り越えた後は上昇するが、各国が大きな債務を抱えている為、その後はより大きな弱気相場となる。

・日本は政治改革をして行動をしないと破綻するかもしれない。

 

彼は実績を残した有名な投資家ではありますが、発言している内容が外れていることも多いです。

ですので発言している内容、全てを真に受けるのではなく「そういうこともあるかもしれない。」ぐらいのスタンスがよいと思います。

 

しかし、今回語っている日本についての発言と解決策は、まさにおっしゃるとおりです。

・国の支出を減らす
・減税をする
・紙幣を印刷するのをやめる(金融緩和をやめる)
・貿易を自由化する
・子育て支援を重点的にする
・多くの移民を受け入れる

この当たり前のことを当たり前にできない国が日本です。

国の赤字を増やし続け、増税し、鎖国し、子育て支援はせず、移民は受け入れない。

そんなことを続けていくと「破綻」が起きてもおかしくはありません。

 

今回は投資から日本経済の話に傾いてしまいましたが、

この泥船とともに沈むことがないよう、私達は経済的自由をつかみ取り、自分の足で歩けるようにしておきましょうね。

資産を増やす行動を続けていきましょう!

 

アジア各国のリセッション確率が上昇 日本はどうなる
アジアの各国でのリセッション(景気後退)入りのリスクが高まっています。
日本の個人投資家は50年で半減している 若年層に期待したい
東京証券取引所がおこなった2021年度の株主調査で日本の個人株主比率が50年前と比較し半減していることがわかりました。
日本はオワコンなのか 世界各国の金融資産・年収から見る日本の立ち位置
「日本は貧しい国になってしまった。」最近はこんな声が多く聞かれ、悲観論が飛び交っていますが本当なのでしょうか。データで比較してみます。
2022年 世界幸福度ランキング 日本の順位は?
国連が世界幸福度 報告書を発表し146ヶ国の幸福度をランキングしています。

コメント