SBI証券 クレカ積立は残念なサービスだったことが判明

SBI証券は
今年の6月から後発として
クレジットカード積み立ての
サービスを開始しましたが、

実際に使ってみると
残念なサービスだったことが
判明しました。

 

SBI証券 クレカ積立のサービス概要

投資信託をクレジットカードで
決済することでVポイントが付与される
サービスです。

特定・一般/一般NISA/つみたてNISA口座での利用が可能です。

付与されるポイントは
一般的な方が使用する
クレジットカードであれば
積み立て金額の0.5%になります。

楽天証券や来年からサービスを開始する
マネックス証券は1.0%なので半分です。

この時点で他社より劣っています。

 

サービス詳細は以下参照。

2021.6.30開始 いよいよ始まるSBI証券のクレカ積立|SBI証券
SBI証券×三井住友カード クレジットカードで資産運用しながらポイントが貯まる新サービス「クレカ積立」がはじまります。積立投資するならクレジットカードで。つみたてNISAにも対応しています。

 

Vポイントでは投資信託が買えない

SBI証券のクレカ積立で
付与されるポイントは
Vポイントです。

しかし、Vポイントで
投資信託を購入することはできません。

 

なぜ、このような
謎システムになっているのか
分かりませんが

投資信託を購入するには
クレジットカードのサイトで

Vポイントから
SBI証券で利用することができる
Tポイント/ Pontaポイント
交換する必要があります。

三井住友VISAカード

 

 

問題は
ポイント交換時のレートです。

ほとんどの交換先のポイントで
Vポイント 1ポイントが
0.8ポイントになってしまうのです。

もちろん、
Tポイント/Pontaポイントも
0.8ポイントです。

Ⅴポイントが使えないどころか
他のポイントに交換した時点で
20%引かれる仕様ってなんなの。

 

まとめ

SBI証券のクレカ積立サービスは
他社に比べポイントの付与率が
低い時点で既に不利な状況でしたが、

実際に使ってみると
思っていた以上に
使いにくく、納得のいかない
サービスであることが分かりました。

現時点では楽天証券での
クレカ積立をおすすめします。

 

 

以前、今後はVポイントで
投資信託を買えるようにする。

という記述があったので
サポートに確認してみましたが
時期は全くの未定との回答がありました。

SBI証券さんには
サービスの改善を希望します。

 

 

「つみたてNISA口座」を
現在のSBI証券から楽天証券に移管し
1%のポイントをもらう予定です。

コツコツと資産形成をしていきましょう!

 

 

来年からはポイント還元率が1%の
マネックス証券という選択もありますね。

マネックス証券 クレカ積立で1%のポイントを付与
マネックス証券は2022年1月以降にマネックスカードでの投資信託の積立決済サービスを開始し、ポイント付与率を1.0%にすることを発表しました。

コメント