マネックス証券 クレカ積立で1%のポイントを付与

マネックス証券は
2022年1月以降に
マネックスカードでの

投資信託の
積立決済サービスを開始し、

ポイント付与率を1.0%に
することを発表しました。

 

マネックスカード積立サービスの詳細

マネックスカードとは

マネックス証券が
2021年5月19日から

申し込みを受け付けている

アプラス
クレジットカードのことです。

ブランドはJCBのみとなります。

 

年会費:
初年度のみ無料。
次年度以降、550円。
※年1回の利用で無料

ポイント還元率:
1.0%

特典:
マネックス証券口座からの

即時出金が月5回まで無料。

マネックスカード
2021年春、マネックスポイントが貯まるクレジットカード、「マネックスカード」が誕生しました。カードショッピングのご利用に応じて、還元率1.0%でマネックスポイントが付与され、貯まったポイントはマネックス証券での株式手数料に充当したり、他社提携ポイントと交換したりと活用方法はさまざまです。また、今後、マネックスカードで...

 

マネックスカード積立サービス

開始時期

2022年1月以降

サービス概要

投資信託の積み立てのみが
マネックスポイント付与の
対象です。

マネックスカードによる投信積立の開始時期について
マネックスカードによる投資信託の積立決済のサービス開始は今冬(2022年1月以降)を予定しております。お客様には、もうしばらくお待ちいただくことになりますが、どうぞご期待ください。

 

マネックスカード積立を始めた方がよいのか

来年から始まるサービスですが
結論として、
現時点では楽天証券での
積立をおすすめします。

それは楽天ポイントの方が
使い勝手がよいからです。

 

このサービスと同時に
マネックスポイントでも
投資信託が買えるように
なるとは思いますが、
案内にはその記述はありません。

※現時点ではマネックスポイントで投資信託は購入できない為、Tポイントに変換しSBI証券で投資信託を購入しています

 

 

しかし、
このタイミングで
このサービスを発表してくれた
意味は大きいです。

なぜなら、
楽天はサービスの改悪が
続いており
クレカ積立1%ポイント付与の
サービスがいつ改悪されても
おかしくはないからです。

このような状況で
マネックス証券は
楽天証券にプレッシャーを
かけてくれました。

 

各証券会社クレカサービスの
ポイント付与率です。

楽天証券 1.0%
SBI証券 0.5%
マネックス証券 1.0%

 

ポイントが付く投資信託は
NISA口座分でしか
購入していないので

現在のSBI証券から
楽天証券に
積み立てNISA口座を
変更しようと
手続きをしていました。

もし、楽天証券の積立サービスが
改悪することになれば
迷わずマネックス証券に移行します。

 

マネックスカードは
10月までは還元率が
%なので
ヘビーに使っていましたが

11月以降に
使うことがあるとすれば
ご紹介をした
クレカの積立ぐらいでしょう。

 

これからも
私達に有利なサービスを使い
資産形成をしていきましょうね。

 

【簡単】米国株の買い方 始め方
米国株に投資をして資産を増やしたいけど、 どのようにして始めて買えばよいのか分からない。 このような疑問にお答えします。

コメント