スポンサーリンク

景気後退がくると考えている70%のアメリカ人がしている経済的な対策

アメリカ人が景気後退に備えてしている経済的な対策とは何なのでしょうか。

スポンサーリンク

アメリカ人の70%が景気後退はくる

Magnify Moneyは2000人以上のアメリカ人に調査をおこなっています。

期間:2022年6月10〜14日
対象:アメリカの2082人
年齢:18~76歳
 

景気後退がくると思いますか?

出典:Magnify Money

70% はい

 

景気後退の兆候であると思うことは何ですか?

出典:Magnify Money

88% インフレ
61% 住宅と家賃の価格
56% 金利の上昇
55% 株式市場
42% 消費者支出の減少
36% 失業率の上昇
20% ニュース報道の増加
20% 専門家の予測
  2% 他

 

景気後退に備えて財政的な準備ができていると感じていますか?

出典:Magnify Money

32% はい
68% いいえ

 

景気後退に備えてしていることは何ですか?

出典:Magnify Money

62% 支出を削減する
39% 予算を厳守する
26% 緊急時の貯蓄をする
25% 借金の返済をする
24% 副業をする
  6% 投資ポートフォリオを調整する
  6% 仕事の成果を上げる
11% 何もしていない

 

景気後退で最も心配していることは何ですか?

出典:Magnify Money

44% 毎月の請求書を支払うことができない
12% 借金が返済できない
10% 株式市場でお金を失う
  8% 家を失う
  7% 仕事を失う
  4% パートナーが仕事を失う
  3% 引退を遅らせる必要がある
  2% 他
10% 心配は何もない

まとめ

景気後退に関するアメリカでの調査についてご紹介をしました。

アメリカ人が景気後退に備えてしていることは以下の7点でした。

・支出を削減する
・予算を厳守する
・緊急時の貯蓄をする
・借金の返済をする
・副業をする
・投資ポートフォリオを調整する
・仕事の成果を上げる
 
景気後退の対策について、より具体的に書くと以下の内容になります。
・支出、予算を削り、より筋肉質な家計にする
・返済できる借金は返済する
・住宅ローンなど大きな借金について借り換えなどで金利を見直す
・数年間の生活費を貯蓄する
・給与以外の収入源を増やす
・精神、肉体的に健康な体を維持する
 
景気後退は誰にとっても、うれしいことではありません。
後でタラ、レバにならないように事前に準備できることに関しては準備をしておきたいですね。
嵐に備えつつ、資産を増やしていきましょう。
 
米成長率は更に低くなるとの予想 長期の景気後退になるのか
国際通貨基金(IMF)は今年と来年の米経済成長率の見通しを下方修正するとともに、2025年までの失業率予測を引き上げています。
不況の影響は広範囲 全ての家庭が景気後退を経験する 乗り越える対策とは
「景気後退に陥る可能性はかなり高い」と南カリフォルニア大学の教授で元 米証券取引委員会(SEC)のチーフエコノミストであるラリー・ハリス氏は話し対策を提示しています。
不況に備えるポートフォリオの作り方
最新のCNBCの調査では、中小企業経営者の10人に8人が今年リセッション(不況)になると予想しているそうです。

コメント