QRコード決済 税金、公共料金など「請求書払い」のポイント還元率を比較

日常的に利用されるようになったPayPayなどのQRコード決済ですが、ここ数年で税金、公共料金などの支払いにも対応した「請求書払い」のサービスが始まりました。各社のどのサービスを使えばよいのかについて解説しています。

結論として利用すべきサービス(2023年3月30日時点)は以下の2社になります。

・LINE Pay 0.5%ポイント還元
・楽天ペイ 0.5%ポイント還元

QRコード決済の「請求書払い」とは

QRコード決済はスマートフォンにPayPay、auPAY、LINE Pay、d払い、楽天ペイなど各社のアプリをインストールして利用するキャッシュレス決済です。

そして、そのQRコード決済の支払い方法の1つが「請求書払い」です。

請求書払いでは、郵送されてくる公共料金や税金などを自宅で支払うことが可能です。

QRコード決済で支払いが可能な主な請求書です。

・電気
・水道
・ガス
・NHK
・新聞
・国民年金保険
・国民健康保険
・住民税
・固定資産税
・介護保険
・自動車税 など

支払が可能な公共料金、税金は各社のサービスと住まわれている自治体などによって異なりますので、各社サービス、自治体などでご確認の上ご利用ください。

 

各社の支払い可能な請求書

LINE Pay

「LINE Pay 請求書支払い」を活用する : LINE Pay 公式ブログ
※最終更新日:2024年05月16日(木) 公共料金や通販の請求書を支払いたいとき、店頭に請求書を持参してレジで現金で支払う必要がありますが、忙しいとなかなか行けない・・・ そんなとき「LINE Pay 請求書支払い」なら、手元に届いた請求...

d払い

請求書払い|d払い - かんたん、便利なスマホ決済
d払いは請求書払いでもご利用になれます。公共料金の支払いもかんたん!

楽天ペイ ※2023年4月17日からサービス開始

「楽天ペイ」で支払いができる「楽天ペイ(請求書払い)」今春提供開始|楽天ペイメント株式会社
- 税金や公共料金の支払いでもポイントが貯まってお得に -

ファミペイ

ファミペイ請求書支払い
毎日のお買い物がもっとお得に楽しくなるアプリ。ファミペイなら一度のスキャンでOK!

「請求書払い」ポイント還元率の比較

QRコード決済、大手5社の「請求書払い」サービスのポイント還元率の比較です。

  PayPay au PAY LINE Pay d払い 楽天ペイ ファミペイ
ポイント還元 なし
0.5% なし
通常のau PAYカードの還元率
※2023年4月
から廃止
0.5%
LINEクレカとVisa三井住友カードのチャージ&ペイ
なし 0.5%
楽天カードから楽天キャッシュへのチャージ
1件で10円相当のファミペイボーナス

 

au PAY「請求書払い」のポイント還元は2023年4月から廃止されます。

au PAY(請求書支払い)ご利用時の特典変更について
2023年4月より、au PAY(請求書支払い)をご利用時の特典を以下のとおり変更いたします。au PAY(請求書支払い)決済ご利用時に加算しておりましたベースポイント(200円(税込)で1Pontaポイント)を廃止し、4月以降は「たぬきの...

 

実質ポイント還元をしているのは、LINE Payと2023年4月17日から請求書払いサービスを開始する楽天ペイの2社になります。

QRコード決済以外での支払い方法

QRコード決済以外で請求書の支払いを行う方法としては、nanacoがあります。セブンカード・プラスのクレジットカードでnanacoにチャージをすることで0.5%のポイント還元があります。

クレジットカードの利用でためる|電子マネー nanaco 【公式サイト】
セブンカード・プラス、セゾン・UCのクレジットカードのご利用で「nanacoポイント」がたまります。

 

以前は一般のリクルートカードからnanacoにチャージすることで1.2%も還元されていましたが、現在はnanacoクレジットチャージの指定クレカからは外れています。
(以前、nanacoに登録していた人は引き続き1.2%の還元)

しかし、全ての買い物、チャージにおいて1.2%の高還元となるので非常に使い勝手の良いカードです。

通常の買い物や国民年金の前払い、売却した株式の税金など高額な税金の支払いなどに利用しています。

リクリートカードの詳細とお申し込み(公式サイト)

まとめ

各社のQRコード決済「請求書払い」の支払時の還元率についてご紹介をしました。

請求書払いで利用すべきサービスは下記の2社です。

・LINE Pay
・楽天ペイ

 

最近、QRコード決済は全社的に改悪が進んでいてサービス内容が短期間に大きく変わっています。なかなか情報を追えていなかったので調べてみました。

少しはお役に立てましたでしょうか?

 

私の場合、QRコード決済は

・還元率が大きく低下した
・支払時にアプリを選択するのが面倒
・アプリ毎に端数金額が残り対応が面倒
・スマホに多くの決済アプリを入れたくない

などのデメリットが目立ってきたため利用機会が減っています。

主に国民年金、国民健康保険、住民税など他の決済で代替できない税金の支払いに利用し、他の一般的な利用ではクレカ決済に戻りつつあります。

税金の支払いではリクルートカードでnanacoにクレジットチャージ(月3万円まで1.2%還元)して支払い、それで足りないものはQRコード決済を利用しています。

リクリートカードの詳細とお申し込み(公式サイト)

なぜか税金を支払う場合は特に1円でも多く支出を削減しようと思ってしまいます。^^

少しでも支出を削減し自由のための資産を増やしていきましょうね。

 

億り人も実践 お金持ちになるための「本当に正しい節約術」
お金持ちは無駄遣いはせず、効率的にお金を使い、そして増やしています。お金持ちがしている「本当に正しい節約術」とは何なのでしょうか?
楽天モバイルを固定回線にして支出を大きく削減 メリットとデメリット
何かと世間を騒がせ、よい評判を聞かない楽天モバイル。しかし、自宅の固定回線にすることで無制限のデータを格安で利用することができる多くの方にとってベターな選択肢となる可能性があるキャリアです。
サラリーマンが資産1億円を目指す為の支出削減
サラリーマンが資産1億円を達成することは難しいと一般的には思われています。本当にそうでしょうか?私はそうは思いません。

 

コメント