GPIFの収益は過去最高の45兆円で想定の6倍

公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の収益は過去最高を更新しました。

2023年度の収益は45兆4153億円

日経新聞さんの記事を抜粋すると。

公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人GPIF)の2023年度の収益は45兆4153億円のプラスとなり、過去最高を更新した。

株高を追い風に直近5年間の年金積立金の運用収益は19年時点の想定の約6倍となった。

資産ごとの運用収益は外国株式が19兆円、国内株式が19兆円、外国債券が7兆円のプラスだった。世界的な株高が収益を押し上げた。

円安進行で外貨建て資産の円ベースの評価額も増えた。一方で国内金利が上昇(債券価格は下落)し、国内債券の収益は1兆円のマイナスとなった。

厚生労働省によると19~23年度の5年間に積立金の収益は106兆円程度となり、19年時点の想定の約6倍になった。

24年3月末時点の積立金の残高も291兆円に達し、想定より70兆円も上振れしている。

まとめ

GPIFが最高益をたたき出していることについてご紹介をしました。

GPIFの詳細な収益についてはこちらです。

2023年度の運用状況|年金積立金管理運用独立行政法人
年金積立金管理運用独立行政法人のWebサイトです。GPIFの2023年度の運用状況を掲載しています。

想定の6倍とはすばらしい成績ですね。GPIF、グッジョブです。

最近はどこかの議員からGPIFについて”国民のお金を使ってギャンブルをしている”なんて話はすっかり聞かなくなってしまいました。

マスコミからも煽るような記事は少なくなりました。

利益が出ている時はなおさらです。

どこからそんな話が出てくるのか分からないですが、物事を理解していないからそのような発言になるのでしょうね。

もし、そのようなことを発言している党があれば絶対に投票はしません。

GPIFには引き続きすばらしい運用を続け、私達の年金を着実に増やしてもらいたいものです。

 

「投資はしないほうがいい」と思っている人も実は投資をしている話 GPIFに学ぶ投資の基本
「投資はしないほうがいい」と思っている人でも、既に投資はしています。あなたが支払ったお金で間接的に投資がされているのです。現代社会は投資とは切り離せない社会になっています。
GPIFが発表した「3つのメガトレンド」を長期投資の参考に
GPIFが4月28日に発表した「将来の産業構造の見通しについて ~3つのメガトレンド~」から個人投資家が長期投資で参考にすべきことがあります。
GPIFの運用方針は意外にも積極的 アクティブファンド、ベンチャーにも投資
私達の年金を運用している年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は運用改革を行っています。GPIF理事長へのインタビューで積極的な運用の一面があることが分かりました。

 

コメント