FIRE 経済的自由を達成する7つの方法

「FIREを目指せ 最強の人生向上術 経済的自由を達成する方法」スコット・リーケンズ著を読みました。

日本でFIREを目指す上で役立つことはあるかを考えてみます。

経済的自由を達成する7つの方法

「FIREを目指せ 最強の人生向上術」に書かれている経済的自由を達成する方法は今までご紹介してきた内容と大きくは変わりません。

トリニティ大学が研究した4%ルールに基づいたFIREとなります。

4%ルールの概念についてはこちら。

サラリーマンが早期リタイアFIREをするために必要な金額は
世の中では、いつの間にかFIREブームですね。 FIREをするには資産がいくらあれば達成が可能なのかを確認してみました。

 

自由な人生を手に入れるにはどうすればいいのか。

簡素に言うと支出を抑え貯金をふやし、その貯金を投資に回せばいい。

収入の50%から70%を貯蓄に回し、それを手数料の低い投資信託で運用して、およそ10年でリタイアする。

これがFIRE達成への一般的な道筋だ。
 
1.資産がいくらあるかを計算する
2.月々の生活費と貯金額を割り出す
3.毎日の出費を減らす
4.住居費、交通費、食費を切り詰める
5.貯金をうまく投資する
6.収入を増やす
7.FIREコミュニティを見つける
 
他の本に書かれていなかった経済的自由を達成する方法としては、「FIREコミュニティを見つける」という内容です。理由として著者は以下のように書いています。
 
せっかく自由になる時間を取り戻したとしても、一緒に過ごす相手がいなければ何になる?同じ価値観を持つ仲間と知り合うのはFIREを続ける上でとても重要だ。
 

FIREには3億円が必要!?

著者は40代半ばでのFIREを目指しています。

著者の世帯はかなりの高スペック、高収入です。このあたりは「FIRE 最強の早期リタイア術」の著者と同様です。

年収を見た瞬間にくじけてしまいそうですね。。

年齢:2022年現在
38歳

住居
アメリカ、オレゴン州ベント
(コロラドから移住)

家族構成
妻、子一人

世帯年収:2016年当時
(税引前)186000ドル 2139万円
(税引後)142000ドル 1633万円

 

FIREを目指す前には115万円/月、1380万円/年を使っていたとのこと。使いたくてもこのような額のお金はありませんね。

 

退職するには1000万ドル(11億5千万円)の資産が必要だと思っていたが、300万ドル(3億4千5百万円)でFIREできることに驚いた。

という記述にはスケールが違いすぎて私の方が驚きました。。米国民との差を感じてしまいます。

FIREするには年間支出の25年分の資産を作ることが基本です。多くの人は3億円は必要ないでしょう。

 

興味深かったのは、FIREに共感していない妻に対しお互いに「どんな時に幸せを感じるか10個書き出す」ことを提案したとのこと。

そして、幸せに多くのお金は必要ない。というFIREの概念を妻が理解してくれた結果、協力してくれるようになったという点です。

 

株の大暴落で資産が激減した時の3つの対策

株が大暴落し資産が激減した時に3つの対策が記述されています。

・資産を年間支出の25倍ではなく35倍とする
・資産を4%ではなく3.25%で取り崩す
・働くことを続ける

 

しかし、「資産を年間支出の35倍にする」という対策はもっともな安全策ではありますが、もう少し。。もう少し。。といつまで経ってもきりがありません。

 

まとめ

経済的自立をする為には、収入を増やし、支出を減らして投資を行うということはFIRE本に書かれている共通点です。

その他、この本に記述されていた大切な内容は、自分を肯定してくれる同じ価値観を持つ仲間とコミュニケーションができる環境を持つということです。

この点は現時点で私ができていないこととして非常に納得しました。マイノリティなFIREという概念は多くの人に否定されることが多いです。

人間は例え正しいことをしていても否定され続けるとメンタルがやられてしまうので、同じ価値観の人が近くにいることは大切です。

 

著者はかなりの高年収です。高年収の方がFIREしやすいということは事実ですが、この本に記述されている再現性が高い方法を実践することで私のような低スペックサラリーマンでも1億円は十分に目指せます。

コツコツと資産を増やし同じ価値観を持つ仲間とともにFIREを実現しましょう!

 

 

最速でFIREするための3つの方法
「FIRE 最強の早期リタイア術 最速でお金から自由になれる究極メソッド」に書かれている最速でFIREするための3つの方法をご紹介します。
【必要資産額が増加】FIREは逆風に直面している
今後FIREする人が年間に取り崩せる額は従来の4%から 3.3% 程度に減らさなくてはいけなくなったという調査レポートをMorningstarが公表しています。
【その後のとなりの億万長者】億万長者への道はFIRE達成への道となる
名著、「となりの億万長者」の続編が出ていたようなので読んでみました。1996年に執筆された「となりの億万長者」を現代に合わせて再検証しています。サブタイトルは「全米調査からわかった日本人にもできるミリオネアへの道」となっています。
サラリーマンが早期リタイアFIREをするために必要な金額は
世の中では、いつの間にかFIREブームですね。 FIREをするには資産がいくらあれば達成が可能なのかを確認してみました。
株式投資でリタイアが可能な金額は
私は株式投資で資産を築きリタイアをしたいと思っています。 現実的にどの位の資産があればリタイアできるのかを考えてみました。

 

コメント