スポンサーリンク

「楽天モバイル」から「povo2.0」eSIMへの乗り換え/MNPをしてみた

楽天モバイルが0円プランを廃止した為、povo2.0へ乗り換えました。

スポンサーリンク

楽天モバイルからの乗り換え先候補

楽天モバイルが0円プランを廃止し乗り換え先を検討した結果、povo2.0に乗り換えることにしました。

楽天モバイルを解約する必要はある?おすすめの乗り換え先
楽天モバイルは7月1日から0円のプランを廃止します。乗り換えが必要な人・必要でない人と乗り換え先の情報をまとめました。

povo2.0への乗り換えMNPの手順

本人確認に時間がかかりましたが、今まで格安SIMを利用されたことがある方であれば問題なく移行できます。

1.乗り換え元でMNP番号を取得
楽天モバイルの場合、my 楽天モバイルのアプリからMNP番号の取得が可能です。
[契約プラン]→[各種手続き]→[他社への乗り換え(MNP予約番号取得)]
2.povo2.0アプリをインストール

3.au IDがない方は作成してpovo2.0アプリを使用する

4.povo2.0アプリの内容にしたがい登録を行う

※登録時にこちらの紹介コードを入力すると以下の特典がありますのでご利用ください
紹介コード:L50K4S5C
1.契約時に「データ使い放題 24時間」 をプレゼント
2.初めて購入したデータトッピングに応じ「データ使い放題 24時間」 をプレゼント

登録に必要なもの
 ・運転免許証、マイナンバーカード、在留カードのいずれか1つ
 ・クレジットカード

5.登録メールアドレスに「本人確認完了のお知らせ」のメールが届いていることを確認

6.povo2.0アプリでMNP番号など必要事項を登録

7.eSIMを有効化してAPNの設定を行う

8.電話とインターネットの接続テストを行う

eSIMご利用のお客様(iPhone)|基本料ゼロから始めるau回線のスマホプラン【公式】povo2.0
eSIMご利用のお客さまへ、eSIM(iPhone)開通手続き説明ページです。基本料0円から始めるpovo2.0。au回線のスマホプランだから速度もエリアも品質も安定!eSIM対応、期間縛りなし、事務手数料なし、データ使い放題もトッピングが選べて、5Gにも対応!乗り換えにおススメ!
ご利用手続き(他社/UQからお乗り換えのお客さま)|【公式】povo2.0
povo2.0のお申し込み(他社/UQ mobileからお乗り換えのお客さま)ページです。スマホからアプリで簡単にお手続き。ネットで本人確認もできる!povo2.0にお乗り換えをご検討の方はこちら。

 

まとめ

楽天モバイルからpovo2.0への乗り換え手順について簡単にご説明しました。

ギリギリの6月30日に申し込みをしたせいか、本人確認の完了メールがくるまでに3時間もかかりました。。

待ち時間をのぞけば申込や設定などの時間は最短で30分程度で終わります。

 

180日後に「smash.」220円をトッピングすることで、月額37円での運用が可能です。

電話については、過去に利用していた楽天電話を再度利用する予定。

 

eSIMを契約したのは、たらたらしていたら既に6月末で、、、物理SIMでは間に合いそうもなかったからです。

今後、eSIMから物理SIMに移行する予定です。ちなみにこの際の料金は発生しません。

povo2.0の物理SIMを使おうとしているのは、IIJmioのeSIMを契約する可能性があるからです。

何も残らない通信コストは削減し、コツコツと資産を築いていきましょう。

楽天モバイルを解約する必要はある?おすすめの乗り換え先
楽天モバイルは7月1日から0円のプランを廃止します。乗り換えが必要な人・必要でない人と乗り換え先の情報をまとめました。
KDDI povo の値下げで楽天・格安SIM各社はピンチに
ソフトバンクのLINEMOに続き9/13にKDDIがpovoの実質値下げを発表しています。楽天と格安SIM各社はピンチになっています。
サラリーマンが資産1億円を目指す為の支出削減
サラリーマンが資産1億円を達成することは難しいと一般的には思われています。本当にそうでしょうか?私はそうは思いません。

コメント