バフェット 「短期間で急いで金持ちになろうとしてはいけない」

投資家のウォーレン・バフェットは「短期間に急いで金持ちになろうとしてはいけない。それよりも金持ちであり続けることのほうが重要だ」と話しています。

 

なぜ短期間で金持ちになろうとしてはいけないのか

PRESIDENT Online さんの記事です。

「急いで金持ちになろうとしてはいけない」伝説の投資家バフェットが繰り返しそう説くワケ 一番大事なのは「損をしないこと」
投資で成功するには、どうすればいいのか。10兆円の資産を築いた投資家ウォーレン・バフェット氏は「短期間に急いで金持ちになろうとしてはいけない。それよりも金持ちであり続けることのほうが重要だ」という。そんなバフェット氏の卓越した投資哲学とは――。

この記事では題名 ”「急いで金持ちになろうとしてはいけない」伝説の投資家バフェットが繰り返しそう説くワケ” とありますが題名に対する回答が明確に書かれていません。

様々な本に記載された内容を長々と例に出しているのですが、筆者自身の意見、結論が全く分かりません・・・

 

 

バフェットに関する本を何冊も読んできましたが、バフェットが話している「急いで金持ちになろうとしてはいけない」の私なりの解釈は

「短期売買など自分のスキル以上のリスクをとり投資をすると最終的には損をする」

です。

短期売買で収益を上げられるスキルを持った方も中にはいるのだと思いますが多くはないでしょう。

短期的に大きな利益を上げることができても、長期的には資産を半減、ゼロ、マイナスにしてしまう人もいます。

 

他にもバフェットの有名な以下の言葉があります。

金持ちになるためには2つのルールを守りなさい。
ルール1 絶対にお金を損しないこと
ルール2 絶対にルール1を忘れないこと

 

この記事にも同様のことが記述されています。

バフェットの投資原則は「損をしない」ことであり、「この原則を決して忘れない」ことです。そのうえで、短期間で急いで金持ちになろうとするのではなく、「ゲット・リッチ、ステイ・リッチ(豊かになり、その後も長期間豊かであり続けること)」を信条としています。

 

投資はバクチではないので、「自分のスキルに合ったリスクで長期的な投資を行ない慎重にコツコツと資産を増やす」ということです。

 

まとめ

今回はバフェット語録の1つ「短期間に急いで金持ちになろうとしてはいけない」について説明をしました。

何事も楽な道はないのですね。

 

バフェットさんの格言にも似た言葉を聞くと、いつでも初心に戻させられます。

「常にリスクを取りすぎていないか、自問自答しながら投資をすること」が重要です。

 

常にリスク管理をしながら投資を続けていきましょう!

 

 

 

資産を最速で増やしお金持ちになる
世の中には「資産を最速で増やす方法」のような題名の本や情報が溢れています。ここ数年話題の仮想通貨などで一瞬で億単位の資産を築いた方がいることは確かです。
サラリーマンが資産1億円を目指す為の支出削減
サラリーマンが資産1億円を達成することは難しいと一般的には思われています。本当にそうでしょうか?私はそうは思いません。
【コロナショック】航空銘柄を売却 バフェットの行動から今後の投資を考える
みなさんご存じのようにバフェットはコロナショックで保有していた全ての航空株を売却したというニュースが流れていました。コロナショックを受けてバフェットは何を考えどのように行動しているのでしょうか?
【バフェット】個人投資家の多くがカジノにいる
バフェットの投資会社バークシャー・ハサウェイは4/1に株主総会を開きました。その中で今のバブリーな株式市場を警告したバフェット語録が出ていました。
インデックス投資の伝道師が語る「波乱相場の生き残り方」
日経新聞、日経マネー編集部が「敗者のゲーム」の著者、チャールズ・エリス氏にオンラインインタビューをおこなっています。非常に有益な内容となっているので、ぜひ見ることをおすすめします。

 

コメント